iDeCoはどこでやっても同じ?

最終更新: 2020年12月20日

結論

同じではありません


iDeCoの制度としては、掛け金の節税効果、利益に対する非課税、受け取り時には退職金控除というようなメリットは同じです


では、何が違うのか?

というか、どこで違いが出るのか?


iDeCoはそれぞれの銀行や証券会社などで口座開設します

手続き上は、そんなに違いはありません


では、違いはどこか


違い① 手数料

口座開設する金融機関によって、口座管理手数料に違いがあります

無料、条件付きで無料、期限付きで無料、普通に有料・・・

地味に違いが出ます、地味に運用に差が出ます

当然、無料がお勧め

地味なところですが、大きな差ですよね


違い② 商品ラインナップ

口座開設する金融機関によって、取り扱いの投資信託が違います

商品が変わるのはもちろん、数も全く異なります

10本程度の取り扱い、30本以上の取り扱いなど、ここは相当違いがあります

せっかくですから、いっぱいある中から選びたいと思います


メリットが大きいiDeCo

どこでも同じっぽいから、いつも行く金融機関で聞いてみようでは、最大限の活用ができません


もう始めっちゃった~、そういうことなら違うところでやり直したいのに~

と、思ったあなた

ご安心を!

金融機関の変更できます

ただ、1~2か月かかります

最新記事

すべて表示

コロナ禍とiDeCo

iDeCoに加入している方は大勢いると思います コロナ禍において状況はどうなっているでしょうか 収入が減少した自営業の方もいると思いますし、会社員でも残業などもなくなり手取り収入が減少しているかもしれません 今までの掛け金より減らしたい場合は、掛け金の金額を変更できます。これは増やす場合も減らす場合も年に一度です iDeCoはやめないけど、掛け金を減らしたい方は早めに決断したほうが良いです もし、

ウィズコロナ時代の資産運用の話をラジオで

10月19日はFBCラジオ ユーグレディオの出演です 今回も前回から引き続き「ウィズコロナ時代」です 2019年の10月、11月に4種類の投資信託を一時金で購入しました(私の話) そしたら、このコロナショック ご相談いただいて2019年末から年明けにかけて、NISA、つみたてNISAで資産形成をスタートしている方もいます さすがに心配しましたが、結論を申し上げますと、皆さま無事に生還しております、

TEL 0776-53-7076

FAX 0776-53-7078