安いときはいっぱい買う、高いときは少し買う

投資の理想は、安いときに買って高いときに売る、です

ただ、これができない。難しい。


資産運用の手法として、「ドルコスト平均法」があります。

毎月2万円とか5万円とか金額はご家庭によると思いますが、定額で投資信託を買っていくことです


例えば毎月5万円で投資信託を買うと決める

基準価額が1万円のときは5口

基準価額が5千円のときは10口

基準価額が2万円のときは2.5口

というように毎月買っていくことです

高くなっても、安くなっても定額で買い続けます

この3カ月で考えると、15万円の投資で17.5口を購入したとなります

平均購入単価は、1口あたり8571円となります


対して、毎月5口買うと決めた場合は、

1カ月目5万円、2カ月目2万5千円、3カ月目10万円の投資となります

17万5千円の投資で15口を購入となり、平均購入単価は、1口あたり11667円となります


定量(口数を決める)より定額(金額を決める)方が効果は高いです


それでは、ドルコスト平均法は勝率100%かというとそれは違います、損する場合もあります

それは、その投資信託がずっと値下がりする場合です。口数は多く購入できますが、値下がりしていれば損が出ます。


逆に、ドルコスト平均法の効果をしっかり発揮できる投資信託のパターンがあります

それは上がったり下がったりの値動きが大きいものです。


ドルコスト平均法は、長期で積み立て運用する場合に向いています

短期で利益を出す方法ではありません。





最新記事

すべて表示

外貨預金って儲かりそう

現状、日本の金利はほぼ無いに等しいです 普通預金金利で、0.001% 100万円預けて、1年後の利息は10円(税引き前) 預金で資産運用とは言えませんね。ホントに置いておくだけ スーパー定期でも0.002%とか なんとも言えない・・・ 楽天銀行は条件が整えば年利100倍となります 100倍というと、どんなにすごいことになってるかと思えば、0.1% たしかに金利100倍、でも元気100倍にはなりませ

金利の話を少々

家計改善の相談のなかで、貯蓄をするという話題があります 収入-貯蓄=支出 残った分を貯蓄する!では貯まりませんよ、貯蓄額を決めて、残りで生活です! というような話です 誰が聞いてもそりゃそうだという話。できるかどうかは別として できるかどうか、まさにここが重要 もうやるしかありません ただ、何でも節約する話もしたくない うまく振り分けをしたいところです それと、置き換えていくことも大事。置き換える

資産運用セミナーが終わって思うこと

最終的に5名の参加でした、ありがとうございました ただし、5人目は私のとこの長男(20歳)を連れ出して参加させるという(笑) ちょっと経済のことも伝えたかったし、親の仕事をする様子も見せたかったしという理由で。 長男に関しては、興味も予備知識もないままでしたので、なかなか難しかったようです 今回のセミナーは、じつは初めての自主企画。いや~詰め込み過ぎました。あまり感じてなかったのですが、少々気負っ