コロナ禍とiDeCo

最終更新: 11月18日

iDeCoに加入している方は大勢いると思います

コロナ禍において状況はどうなっているでしょうか


収入が減少した自営業の方もいると思いますし、会社員でも残業などもなくなり手取り収入が減少しているかもしれません


今までの掛け金より減らしたい場合は、掛け金の金額を変更できます。これは増やす場合も減らす場合も年に一度です

iDeCoはやめないけど、掛け金を減らしたい方は早めに決断したほうが良いです


もし、掛け金を払えない状況だとしたら、空白ができることになります。残高が増えないということです。国民年金のようにあとで追いつくという制度はありません。


コロナ禍においてiDeCoの状況はどうなっていますか?

運用はどのようになっていますか?全体で増えていますか?商品ごとに値上がりしているもの、値下がりしているものはありますか?

まずはiDeCo口座のある金融機関のサイトで確認しましょう

そのうえで、どうするかを検討します

・配分変更

これは、掛け金の運用先の配分を変更することです

投資信託Aに100%としているものを、Aを50%、Bを50%とするというようなことです

・スイッチング

運用してきた残高、貯まっているものの運用先を変更することです

これまで購入している投資信託や定期預金で貯まっている分を、ほかの商品に変更することです。言い換えると売却と買い付けです。


この半年でどのような変化があったか、これからどうするのかを検討していきます


その時は、ご自身のご家庭のライフプランも大切です

ライフプランを作成してみて、キャッシュフロー表を確認する

これからどんな人生を理想とし、それに見合う収入と支出かどうかを確認します

それを土台とした資産運用を考える必要があります


資産構成として、日本は50%以上が現金預金です

ちなみにアメリカの現金預金比率は15%以下です。資産形成が大切なことを知っています


私自身も自分のこととなるとまだまだできていないこともありますので、自分のライフプランを作成してみようと思います


未来予想図ですね


今年の新型コロナウィルス感染拡大はライフプランに入っていませんでしたが、これからは想定する必要があるかもしれません

新しいウィルスということではなく、生活が一変することがあるんだということを






最新記事

すべて表示

ウィズコロナ時代の資産運用の話をラジオで

10月19日はFBCラジオ ユーグレディオの出演です 今回も前回から引き続き「ウィズコロナ時代」です 2019年の10月、11月に4種類の投資信託を一時金で購入しました(私の話) そしたら、このコロナショック ご相談いただいて2019年末から年明けにかけて、NISA、つみたてNISAで資産形成をスタートしている方もいます さすがに心配しましたが、結論を申し上げますと、皆さま無事に生還しております、

10月5日のラジオは17:15スタート

でも、私の出番は18時頃で変わり無し 今回からの4回をウィズコロナ時代シリーズとして企画しています ①ウィズコロナ時代の住宅ローン ②ウィズコロナ時代の資産運用 ③ウィズコロナ時代の外貨との付き合い方 ④ウィズコロナ時代の家計改善 ということで、10月5日は住宅ローンについてお話する予定です 新型コロナウィルス感染拡大により仕事環境の変化がある方もあると思います 退職した、転職したことで収入が減少

9月7日はラジオ出演!!

前回に引き続き、相続について話をします 前回はお盆明けだったので、家族で集まりましたか~?そんなときは相続の話ですかね~というような話題でした 相続財産の確認・・・プラスもマイナスの財産も有ります。一覧表なんてあると素敵です 誰が相続するの?・・・相続人は誰ですか?家系図を書いてみましょう どう分割する?・・・誰がどの財産?誰がいくら?遺言書があるといいですね さて、次回のふくちゃんラジオは ●相

TEL 0776-53-7076

FAX 0776-53-7078