• fukudatomoji

イデコはメリットだらけ?

最終更新: 7月30日

ここ3~4年でイデコ加入者が増えました。周りでも増えてきましたよね、私にも相談が増えてきています

老後資金が不足する(これは個人差あります!、当然)という情報も出たこともあり、イデコで老後資金を準備したい方が増えているのでしょうか

さて、そのイデコのメリットと注意点を改めてお伝えします


メリット①住民税と所得税が軽減できる

掛け金の全額が所得控除の対象となり年末調整をします

メリット②運用収益が非課税

株や投資信託などの金融商品からの収益には通常約20%の税金がかかりますが、イデコならその利益に税金がかかりません

メリット③受け取り時は退職金や年金として控除が適用

一時金として受け取る場合は退職金控除が適用、年金での受け取りは公的年金との合算で公的年金等控除が適用されます


注意点①原則60歳まで(条件付きで65才まで延長可)解約できない

始めたら途中でやめられない、ただし減額はできます

注意点②元本割れリスクがある

投資商品を購入する場合は元本保証ではありません。(運用商品には元本保証の定期預金もあります)

注意点③掛け金の上限がある

お金があればいくらでも、というわけにはいきません

注意点④口座管理手数料がかかる

イデコ口座を開設する金融機関によって手数料が異なります、いろいろ検討したほうが良いです


メリット、注意点いろいろ書きましたが、トータルして言えることは、現状では最強の積立方法ということです お手続きについてはご相談ください、ライフスタイルSBIベネフィットシステムズと提携しておりSBI証券のiDeCoを紹介できます

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

iDeCoはどこでやっても同じ?

結論 同じではありません iDeCoの制度としては、掛け金の節税効果、利益に対する非課税、受け取り時には退職金控除というようなメリットは同じです では、何が違うのか? というか、どこで違いが出るのか? iDeCoはそれぞれの銀行や証券会社などで口座開設します 手続き上は、そんなに違いはありません では、違いはどこか 違い① 手数料 口座開設する金融機関によって、口座管理手数料に違いがあります 無料

老後2000万円不足の件

2019年に老後資金が2000万円不足します、自助努力が大事です、と言われました。 これは、マジですか?ホントに足りないんすか?オレ、やばいんすか?みんな思いました。 ちょっと考えてみます あなた自身は何歳まで仕事をしますか?60才ですか?65才ですか?70才ですか? 年金を65才から受け取るとしたら、収入の空白期間はありますか? そのころは、おひとりさまですか?配偶者はいますか?配偶者の年金はい

TEL0776-53-7076

FAX0776-53-7078